« 2013年8月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月30日

九州工場へ研修!

先日、九州工場へ研修を兼ねて生産応援に行ってきました。

工場はドーム型で、見た目は野球場を感じさせますが、中は慌ただしく人と機械が動いています。
ここで、美味しい焼き海苔や、味付け海苔ができあがるんですね。

工場での作業は初めての為、慣れないことも多かったですが、皆様の優しい手ほどきがあり、無事終えることができました。

そして、作業終了後、若手3人は(そのうち一人は30代ですが・・・)井上副本部長の案内で、有明海にほど近い、海苔の加工場へ見学させていただきました。

いざ覗いてみるとびっくり
 
 
20131230_01.JPG
 
 
この中に大量の海苔が
洗われているのです。
 
 
そして長い道のりを経て、不純物等を取り除いた綺麗な海苔達は、最終的にこのようなお馴染みの形になります。
 
20131230_02.JPG
 
 
その後、有明海へと向かいましたが・・・
 
一同騒然。
 
有明海にそびえ立っているこの杭の数がとんでもなく多いこと多いこと。
 
見渡す限り杭。
 
果てしなくずっと杭。
 
これは【支柱式養殖】という海苔を育てる養殖方式の仕組み上重要な杭であり、網を張る為にあります。
潮の満ち引きの激しい有明海ではこの方法が主に使われており、海苔の特徴としては、旨みが強く、歯切れの良い柔らかいものになります。
 
 
ちなみにこの杭、海の上に打ち込んでありますが、その端から端までの距離はなんと約200キロ。
 
それだけ沢山の海苔が有明海では作られているということなのです。
 
20131230_03.JPG
 
 
 
 
 
 
最後にこの美しい有明海を見ながら3人で記念撮影。
 
 
20131230_04.JPG
 
 
 
貴重な体験をさせていただき、井上副本部長始め、九州工場の皆様
本当にありがとうございました。
 
 
大阪支店 営業二課
鷹城 敬二

2013年12月 9日

料理教室で「子供の好き嫌い克服メニュー」!

日本食糧新聞社が主催する
豊中市立桜塚小学校で豊中市家庭科部会の料理教室に参加してきました。
テーマは「子供の好き嫌い克服メニュー」です。
 
 
 
講師の六車先生は今回も手際よく、
「焼のりピンチョス」「素麺のおせんべい」」「白菜とごまのサラダ」「お豆と鮭のハンバーグ」
の料理方法を生徒の皆さんに披露していました。
 
210131209_02.jpg
講師の六車先生の手際良い説明
 
 
 
生徒といっても、
実は豊中市内の小学校の家庭科の先生や学校給食関係のプロの皆さんばかりですが、
皆さん真剣そのものです。
 
  
しかし、そこはプロ!
一度講師の六車先生の料理方法を見ただけで、
すぐにテキストとおりのメニューが出来上るという凄腕の先生ばかりでした。
 
210131209_04.jpg
生徒は家庭科と給食の先生達
 
 
 
焼のりをつかった「のりピンチョス」はかなり好評で、
最後の試食会でも「ほうれん草に卵焼きをからませて焼のりで巻いた」のりピンチョスは、
野菜ギライのお子様にも、興味を持ってもらえると深く納得しておられました。
4時間弱の料理教室も、今年も盛会の内に幕を閉じました。
 
 
210131209_05.jpg
子供の好き嫌い克服の「のりピンチョス」 
 
 
来年のメニュー提案も楽しみです。
栄養士の六車先生、日本食糧新聞社 根津部長・是枝次長始め、
関係者の皆様お疲れ様でした。
 
 
210131209_06.jpg
生徒の皆様の作品、見事な仕上がりです!
 
 
 
 
商品開発部 桑原 紀之